妖怪リクタ

妖怪及び創作イラストサイトです。

02« 2013.03 »04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

2013年03月×ENTRY's

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪34〜橋姫〜


妖怪辞典

橋姫

名称/橋姫(ハシヒメ)
地域/京都府
特徴/某公卿の娘が別れた夫とその新しい妻を恨み、貴船神社に7日間籠もる。熱心に自分を鬼にしてくれと願う娘を見かねた貴船の神は「宇治川に21日浸かれば鬼になれる」と伝える。神託を授かった娘は、頭に鉄輪をつけそこに3本の松を燃やし、髪は5つに束ね角のように模し、ただ一心に川に浸かった。そして21日目、生きながらにして鬼と化した姫は、別れた夫と妻、その一族を次々に惨殺していく。(宇治の橋姫説)

復讐を終えた橋姫は、その後一条戻橋で渡辺綱に会い襲ったところ腕を切られ(その時使用した刀が「鬼切」と名がつけられたのだとか!)その腕を陰陽師 安倍清明が封印したといわれています。
能「鉄輪」では橋姫の呪いを恐れた夫婦が安倍清明に相談をし、橋姫は復讐できぬまま撃退されました。
ちなみに、橋姫の貴船参拝、宇治川での姿が元に「丑の刻参り」がうまれたそうです。

宇治橋の側には橋姫神社がありますが、元々は橋姫とは関係のない神様が祀られていたそうです。同一視されだしたころから、神社の名前は「橋姫神社」に変わりました。悪縁切りの御利益があるそうです・・・

橋姫は宇治以外にも長柄や瀬田橋などがあり、伝承や物語も多く残されています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。