妖怪リクタ

妖怪及び創作イラストサイトです。

06« 2013.07 »08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

2013年07月×ENTRY's

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪38~おさん狐~


妖怪辞典

おさん狐

名称/おさん狐(オサンキツネ)
出身/大分県、他
特徴/しっぽに火をともして通行人をおどかしたり、美しい女性に化けて男をたぶらかしたりした。ときには相手を死に陥れたりもしたという。

いろいろおさん狐について調べてみると各地に生息するんですね。
宮城県、新潟県、大阪府、京都府、岡山県、鳥取県、広島県・・・まだまだありそうです。

たくさんある中で、日本昔ばなしにあった大分県のお話が旅人と狐の良い話でしたので、そのおさん狐をイメージして描いてみました^^
嫉妬深く、ずる賢いなどといわれがちですが、そうではなくただ人と語らうのが好きな古狐です。
「小野瀬の河原棲む美女に化けるのが上手な狐のおさんは、ある日、行商の男に出会います。男はおさんを狐だとわかっていましたが気にすることもなく、おさんも正体がばれても驚くことはありませんでした。行商の男と芸者に化けたおさんは人と狐関係なく酒を酌み交わし一晩中語り明かしました。次の日に男は旅立っていきました。それからもおさんは河原にくる人の打ち明け話を聞いたそうです」(簡略な説明ですみません・・・気になる方はぜひ検索を!)
おさんと男の会話などがちょっと粋な感じでとても良いお話です。日本昔ばなしは子ども向けなのですが、本当のストーリーはもっと大人っぽそうですね。
美しい娘に化けていたところ、男に「ちょっと若すぎないか?」とひやかされ、色気ある芸者に化け直すおさんがとても可愛いらしいです。

人間をだますのが得意な狐と狸はよく比較されますが、どちらも悪戯であったり殺めたりとやっていることは余り変わらないような・・・
しかし、あえて妻帯者・彼女もちをねらうのは狐独特なんじゃないかななんて思うのですがどうでしょうか。
ちなみに狐が妻や恋人がいる男を選ぶのは、痴話喧嘩を好むからだそうです・・・男性の方は気をつけましょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。