妖怪リクタ

妖怪及び創作イラストサイトです。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪39~夜行さん~


妖怪辞典

夜行さん

名称/夜行さん(ヤギョウサン)
出身/徳島県 他
特徴/夜行の日(陰陽道でいう厄日)、大晦日、節分、庚申の日の夜中に首切れ馬にのって町を徘徊する。夜行さんに見つかってしまったら、投げ飛ばされたり、馬に蹴り殺されてしまうという。

もしも夜行さんに出会ってしまったら、草履を頭の上にのせ地面に伏せていると、そのまま通り過ぎていってしまうとのこと。けれど、真横を通られたりしたら怖いですよね。
夜行の日、大晦日、節分、庚申の日の夜はできるなら家から出ない方がよさそうです。
※徳島県の美馬町周辺では首切れ馬が単独で行動しており、やはり大晦日、節分の時は夜間外出は危険といわれています。噛みつかれるという話もありますが、首がないのにどうやって?・・・恐ろしいです。

ちなみに、陰陽道で正月・2月子日、3月午日、4月午日、5月巳日、6月巳日、7月戌日、8月戌日、9月未日、10月未日、11月辰日、12月辰日が夜行日=災いの日といわれています。
百鬼夜行の日ともいわれるそうなので、その日は夜は気をつけないといけませんね。夜行さん以外にもいろいろな妖怪が外を練り歩いてそうです。

三好町山城辺りの夜行さんは一つ目で、夜に夕飯の話をすると窓から手を差し伸べてくるのだそう。「なにそれ、美味しそう。ちょーだい」ということでしょうか。
なんだか前者とイメージと違うのですが・・・徳島だけにまさか狸では?!なんて思ってしまいますね^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。